Skip to content

リサイクル事業について CSR

■環境とのかかわり

ジェイランドでは、創業当時の「もったいない」と考え方を念頭に、経営を実践してきました。
これからの経営においても、誰もが、”物を簡単に捨てない”という考え方を当然として受け止めていける社会の実現を目指します。

■社会貢献活動

経営の一事業として、不用品の回収を実施しています。
物は処分ではなく、再生する事が、資源を有効利用する最も最善な方法であると確信しております。
物を再生し、人から人へ、リユースするという流れを作り出すことにより、企業経営が成り立っています。
”人から人への架け橋”がジェイランドの役目でありまた、それを継続的に実施し、新しい役目を模索していくに最善をつくします。

■ビジネスパートナーとともに

ビジネスパートナーとのかかわりにおいて、法令を遵守し正しい関係を築きつつ、 相互に信頼し相互に発展し合える事を目指す事を、ビジネスパートナーとともに努めています。

■お客様とともに

ジェイランドでは、「お客様第一主義」を合言葉とし、お客様の信頼・満足をさらに向上する為に、
全従業員が一丸となり、柔軟な体制づくりを強化・計画を実行しております。
常に「お客様の立場になって考える」ことを意識し、全事業部で取組んでおります。
お客様からの評価・ご意見は、真摯に受け止め、誠実に対応ことを心がけ、改善策を迅速に企業内に浸透させることがお客様の信頼・満足につながると確信しています。

CSR(企業の社会的責任)

■コンプライアンス

  • 個人情報の保護
  • コンプライアンス徹底の教育と研修

■従業員とともに

ジェイランドは、「人材は資産」という考えの基、
無理・無駄・ムラのない職場環境を作り、従業員満足度の向上を目指しています。
企業と個人が情報を共有し、喜び・苦労を分かち合うことからスキルの向上が促進される
人材育成に努めいています。
企業内では個性を尊重し合い、平等な関係で共に新しいことにチャレンジできるような
環境づくりに取り組んでいます。

■コーポレート・ガバナンス(企業統治)

ジェイランドは、リサイクル事業グループとして継続的かつ安定的な成長をし続けることを、最重要課題としています。
そのために社会的責任を果たしつつ、監督機能を強化することで迅速に透明性のある経営を実現し、さまざまな施策を講じて企業統治の水準を高めていきます。